2008年09月29日

9/28(日)のできごと

・湯浅誠氏の講演を聞きに、午後から神戸市役所前で開催の
 反貧困全国キャラバン神戸集会に行ってみた。
・独特の抑揚の付いたしゃべり方の偉い(らしい)人の冒頭挨拶。
 新社会党の元市議会議員が紹介されたときのすごい拍手。
 9条がどうのこうのという歌詞のフォークソングのライブ。
 なんかこう、特定の政治色が強すぎて、講演会のとこだけ見に来れば良かったと後悔した。
・湯浅氏講演。
 政治(自民党)と格差に関する発言、日雇い派遣、生活保護、ネットカフェ難民問題などの話題を
 かいつまんで紹介して、おかしいと思うことがあればNoと訴えていくことが自己責任です、と締め。
・漠然と感じたことは、私は自分の現状を誰か、何かのせいにしている(ように見える)のを見ることに、
 心情的な反発を感じるのかなと。
 湯浅氏が語っていた「正当な権利を主張して怒らなくてはいけないと言うとかえって
 当人を追い詰めることになる」というのも、そういう心情を困窮している当事者自身が
 持っているということだろうし。
 法律で「正当な権利」と謳われていても、どこまで現実上で「権利」を主張して
 いいんだろうかと思うこともある。
 正当な権利を主張すること、というのをどうやったら心から正しいと思えるんだろう。
 言った者勝ちというのは、ここ数年実際に自分で会社に要求とかしてみるようになって、
 意外とそういうものなんだと実感はしてるけど、やっぱりどこか、
 ずうずうしいと思われてるんじゃないかとか、そういう気持ちもあって。
・神戸市立博物館で開催のコロー展を見に行った。
 きれいな絵だけど、正直あんまり印象に残らない感じ。















・夕方5時前に帰宅し、ギアスR2最終回を見る。
 ルルーシュ死亡……。
 きっとED終わった後に、実はコード(不老不死)を受け継いで生きてた
 ルルーシュが一言二言語る一シーンが入るんだろうと思っていたら、
 ED後CMに入って、あれあれと思っている間にエンドカードが来て呆然とした。
 自分のやりたいこと、言った通りのこと(「撃っていいのは〜」「自分自身をも壊す覚悟」)をやって、
 ナナリーやカレン、騎士団メンバーにも真意に気付いてもらえて、きれいに終わった、と思うようにしてるけど……。
 せめてもう少し、後日談での余韻が欲しかった。「Continued Story」流したままEDとか。
 結局、会長とリヴァルは真実を知らないままなのかな。
・シンクーが最終回まで生き残ったのが意外。
 あの病気設定って一体何だったんだろう。
・DVD2巻おまけ映像で、ゼロのようになることを恐れているスザクの話は、このラストでゼロとして生きていくエピソードに繋がっていたんだと後から気が付いた。
・何回か見返してると、刺殺シーンが、命懸けたラブシーンに見えてきた……。
 抱き合って、血の付いた手でゼロの仮面を撫でるとことか……。


・夕食に阪神百貨店で買った子持シシャモを焼いて食べた。
 そういえば、ダイエーが阪神優勝セールを早くから予告しているのに比べて、
 阪神百貨店の方は、そういうお知らせは見なかったなと。
posted by とーき at 00:01| Comment(0) | TrackBack(1) | イベントレポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

シンポジウム「派遣切りを叩く!労働組合を俎上に載せる」公聴
Excerpt: 昨日3/14(土)に開催された「あぱけんKOBE☆フリータ・サバイバル講座『派遣切り』を叩く!労働組合を俎上に載せる!」@あすてっぷKOBEを聞きに行ってきました。
Weblog: とーき日記+
Tracked: 2009-03-15 13:37
記事検索
 
カテゴリ
過去ログ
リンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。